• 「」
  • 「」
  • 「」
2017.7/10.Mon

祇園祭の季節です。

異常気象が続いています。

京都でも毎日のようにゲリラ豪雨に襲われています。本当に参ります。

 

さて今年も祇園祭の季節がやってまいりました。

お店のラリックの花器「オラン」に生けられているのは「檜扇」。祇園祭に欠かせないお花です。

 

この「檜扇」は扇に葉の形が似ていることからその名が付けられました。

祇園祭が近づくと京都中で檜扇を見かけるようになります。先端に黄色いお花も咲かせます。

 

フラワーデザイナー岸さんは檜扇に合わせて黒い鬼灯を生けてくださいました。

 

花器:ルネ・ラリック「オラン」

花材:檜扇、黒鬼灯

フラワーデザイン:岸勝人さん

 

祇園祭は7月の間一ヶ月続くお祭りです。

メインは17日の山鉾巡行ですが、それまでにも様々な神事が行われます。

鉾の組立は今日から始まるそうです。釘を使わずに縄で組み立てていきます。

また、近年”後祭り”も復活し行われるようになり、山鉾巡行の翌日には後祭りの鉾がすぐに組み立てられます。

7月31日まで、祇園祭は続きます。

こう書きますと、なんだか忙しないですが、どちらかというと祇園祭は穏やかなお祭りのように思います。

四条通りが歩行者天国になる宵山などは、街に巨大な鉾が鎮座し、提灯が灯され、何とも言えない風情があります。

 

また随時、祇園祭の雰囲気をブログでお伝えできればと思います!

Your Comment