2012.11/11.Sun

京都紅葉情報 詩仙堂

先日、東京からの来客があり、東山の詩仙堂に一緒に行きました。詩仙堂は詩仙堂は徳川家の家臣であり、文人でもあった石川丈山が隠居のため造営した山荘です。小さいながらも見応えのある庭がとても有名なのですが、僕にとっては初めての訪問でした。

修学院にほど近い、東山の麓にあるのですが、小さな門をくぐり、建物の中に入るとすぐに庭を見渡す事ができます。ほんの少しですが、木々の葉が少し色づき始めていました。楓の葉も先の方はかなり赤く染まっていました。

もう少し縁側にでて、撮影してみました。

赤と緑のコントラストが見事です。訪れたのが3時過ぎだったので、訪問客の数も少なく、西日が紅葉の赤い色を一層赤く染めていてちょっと感動のシーンでした。

庭には、草履をはいて出る事ができます。この縁側から、谷をくだるように、下の方にずっと続いていきます。

下の方に降りてから、上の庭を見上げてみました。

先程とは全く違う風景です。山間の紅葉を見ているようです。

先の赤くなっている紅葉が夕日に染まっている写真です。

夕日を逆光にして撮影すると、葉脈までも透けるようで、とても美しいです。

あと、一週間もすれば紅葉もピークを迎えることでしょう。なんだか今年の紅葉は何年かぶりに奇麗な色になるような予感がした一日でした。  ts

 

Your Comment

 

右の文字を入力 captcha